先週と同じく、

今週もギター教室へ行ってきました。

そしていよいよ来月からNPO法人として始動するという話を聞いてきました。

NPO法人として活動していくにあたって、

様々な取り決めをしなくてはならないということでした。

就業規則等をしっかりと作らなくてはいけないことはもちろん、

就業時のタイムカードや電話機等も、

法人の規則に則ったものを使用しなくてはならないそうです。

そしてなにより、

自分たちの活動が、

商業目的のものなのか、

それともNPOの活動にあるのような非営利目的の社会的活動なのか、

という点も大きく論議されるようです。

商業目的で得た収入は、

それに見合った法人税が取られることになりますが、

社会的な活動と認められたものに関しては、

その収入を寄付という形で扱うことによって、

非課税として行うことができるようになるそうです。

こうした細かい取り決めのもとで、

初めてNPO法人としての活動を行っていくことができるようになるそうです。

NPO法人の話ですので、

インターネットビジネスの法人化とはまた違った話なのかもしれませんが。

自分の活動を法人化しようとしている人の参考になれば、

自分としても大変嬉しいです。