Daniel FrieseneckerによるPixabayからの画像

 

動画を使った操作の説明

自分のメッセージの配信は

文章や画像だけで行うよりも

ずっとわかりやすく

見ている人の心に響くものとなります。

 

動画はキャプチャソフトで録画したもの

カメラで撮影したものを

そもまま使用することもできますが

編集をすることで

よりきれいで印象深いものが作れるようになります。

 

今回使用するのは

AviUtl(エーブイアイユーティル)

無料で使える上

動画をつなげたりぼかしなどの加工をしたり

有料ソフトに負けないくらい

高性能なソフトです。

 

1.フォルダを作ろう

 

AviUtlを導入するためには

専用のフォルダを作る必要があります。

 

そのフォルダにメインのソフト

そしてプラグインを一緒に入れれば

快適に動画の編集ができるわけです。

 

まずはwindows のCドライブの中に

Freesoftというフォルダを作ります。

 

 

フォルダを作るには

ドライブ内の何もないところを右クリックして

メニューを出し

新規作成の中の

フォルダをクリックします。

 

そうすると新しいフォルダが作られるので

Freesoftと名前を付けます。

 

続いてFreesoftのフォルダの中に

AviUtlという名前のフォルダを作ります。

 

 

さらにその中に

Pluginsというフォルダを作ります。

 

 

最後にウインドウの上部にある

 

表示タブの中の

ファイル名拡張子にチェックを入れます。

 

これでソフトをダウンロードするための

フォルダの準備ができました。

 

2.ソフトをインストールしよう

 

どんなソフトを使うにも

まずはインストールから

というわけでAviUtlのソフトをインストールしましょう

 

まずはこちらのページからソフトをダウンロードします。

 

 

移動したらダウンロードの項目にある

一番新しいファイルをダウンロードします。

 

で、下に出てきた保存をクリックします。

(図はMicrosoftEdge)のもの

 

保存ができたら

下のようなアイコンが表示されます。

 

この状態では

圧縮されている状態なので

 

これを解凍しなくては

AviUtlを使うことはできません

解凍のためには

LhplusICE CUBEなどのソフトが必要になるので

先にインストールしておくことをお勧めします。

 

無事に解凍ができていたら

こういう画面が表示されます。

 

 

無事に解凍ができたら

今度は拡張編集Pluginのダウンロードをします。

 

同じページのさらに下から

拡張編集Pluginの項目にある

一番上のファイルをダウンロードします。

 

 

これも同じく保存をクリックです

 

さっきはダウンロードのファルダを開きましたが

下にダウンロードが完了しました

と各種のボタンが表示されていれば

フォルダーを開くから

直接開くこともできます。

 

 

移動先のアイコンをクリックし

解凍を開始します。

 

 

拡張編集Pluginの中身はこんな感じ

 

 

ダウンロードした二つのファイルを

画面上に並べます

 

そうしたらダウンロードした二つのフォルダの中身を

すべてaviutlのフォルダに移動させます。

 

移動させたいほうのフォルダのウィンドウ内の

ファイルの無いところ

(一番下がやりやすい)

 

から中のファイルがすべてかぶるようにドラッグ

(一番下にカーソルがある場合上に向かって)

 

それで複数のファイルを選択できるので

そのままドラッグ&ドロップで

 

もう一方のフォルダに

すべてのファイルを移動させます。

 

移動後のフォルダはこんな感じ

 

すべてのファイルがaviutlのほうのフォルダに集まったら

最も重要になるのが一番上にある

黒いノートのようなアイコンのファイル

 

これこそが

動画編集ソフトAviUtlを起動させるためのファイルです。

 

ダブルクリックして起動させると

こういう何もない画面が出てきますが

ここにこれからの設定で

色々追加されていきます。

 

 

3.入力プラグインの導入

 

動画編集ソフトとして大変優れたAviUtlですが

もともと編集できる動画の形式が限られています。

そのためプラグインを導入することで

より多くのをファイル形式をカバーする必要があります。

 

ここでは

 

L-SMASH Works

 

lanczos3

 

x264guiEx

 

という3つのプラグインを導入していきます。

 

 

まずはL-SMASH Worksをダウンロードするため

以下のサイトを開きます。

RePOPn

 

ダウンロードの項目の下に

L-SMASH Worksがあるので

そこをクリックし

ダウンロードします。

 

これも保存からの

 

フォルダを開く

そうすると圧縮されたファイルが出てくるので

ダブルクリックで解凍します。

 

解凍したらその中にたくさんファイルが入っていますが

今回使うのは以下の4つ

 

lwcolor.auc

lwdumper.auf

lwinput.aui

wmuxer.auf

 

この4つをpluginsのフォルダの中に

ドラッグ&ドロップして

移動させます。

 

 

 

次はこちらのサイトに移動します。

 

まるも製作所

 

色々なプラグインが置いてありますが。

その中からlanczos3というプラグインを見つけ出し

ダウンロードします。

 

ファイルをクリックしたら保存

ダウンロードしたら解凍すると

このようなファイルが入っています

 

こちらは赤で囲まれている真ん中のファイルのみを

AviUtlのフォルダ内へ移動します。

 

 

最後にx264guiExを導入します。

まずはこちらのサイトに移動します。

 

rigayaの日記兼メモ帳

 

そして一番下の最新版のファイルをダウンロードします。

 

保存と解凍が終わったら

こんなフォルダが出てきます。

 

次はファイルの中にあるauo_setup.exeのファイルをダブルクリックします。

するとこういう画面が出てくるので

上にある「…」のボタンをクリックし

AviUtlのフォルダを指定します。

PC→OS(C)→Flreesoft→AviUtlの順番でクリックし

最後に下のOKをクリックします。

 

四角の中に指定したフォルダが入っていることを確認したら

下の次へをクリックします。

 

 

インストールが完了したら下の終了をクリックします。

 

そうしたらひとまず入力プラグインの導入は完了します。

 

4.拡張子を追記しよう

 

今度は入力できるファイルの種類を増やすため

拡張子を追記していきます。

 

まずはAviUtlのファイルの中にある

exedit 構成設定

というファイルを開きます。

 

 

中には

avi=動画ファイル

avi=音声ファイル

みたいないろいろなファイル名が書かれていますが

それが今読み込むことができるファイルの形式になります。

 

.mkv=動画ファイル

.mkv=音声ファイル

.mpg=動画ファイル

.mpg=音声ファイル

.mpeg=動画ファイル

.mpeg=音声ファイル

.wma=動画ファイル

.wma=音声ファイル

.wmv=動画ファイル

.wmv=音声ファイル

.m2ts=動画ファイル

.m2ts=音声ファイル

.ts=動画ファイル

.ts=音声ファイル

 

以上のファイル形式を追加すれば

大抵のファイルを読み込むことができるでしょう。

以下の空欄にコピー&ペーストで

ファイルを張り付けてください。

 

5.ショートカットを作ろう

 

最後にAviUtlのショートカットを作成しましょう

 

前にも書きましたが

AviUtlを起動させるには

aviutl.exeのアプリケーションをクリックします。

 

このファイルを指定して

右クリックメニューを開きます。

 

ショートカットを作れるのは

 

スタートメニューにピン止めする

タスクバーにピン止めする

送るからデスクトップ(ショートカットの作成)

 

以上の3つになります。

 

スタートメニューにピン止めすると

 

画面左下のアイコンをクリックすると出てくる

スタートメニューの中にショートカットが追加されます。

 

タスクバーにピン止めすると

画面下のタスクバーにショートカットが追加されます。

 

 

デスクトップに送ると

 

スクトップ上にショートカットのアイコンが表示されます。

用途に合わせて使いやすいものを作っておけば

AviUtlをもっと使いやすくできるでしょう。

 

6.編集環境を整えよう

ここまでの設定ができていれば

AviUtlで動画編集ができるまであと一息

 

現時点ではアイコンをクリックすると

 

こういうウィンドウが出てくると思います。

 

ここに動画のファイルをドラッグ&ドロップすれば

 

このように画面いっぱいに編集動画が表示されてしまいます。

 

このままではツールを表示させたりして

動画の編集をするのが難しくなります。

 

表示される動画のサイズを変更するには

 

上のメニューにある

表示タブの拡大表示をクリックし

その中の%を変更します。

 

100%で最初の画面いっぱい

50%にすれば

 

 

このような表示になるので

あとはウィンドウの端にカーソルを合わせ

画面の大きさを調節します。

 

 

このような表示になれば

編集作業もよりしやすくなるでしょう。

 

この辺りは自分で調節してみてください。

 

次にタイムラインを表示させます。

 

タイムラインを表示することで

 

複数の動画を使用した編集ができるようになります。

 

上のメニューより

設定の拡張編集の設定をクリックします。

 

 

するとこのようなタイムラインが表示され

動画の編集ができるようになります。

 

以上が動画編集ソフト

AviUtlの導入方法です。

 

 

工程が沢山ありますが

一つ一つ確認しながら作業に当たれば

非常に便利で使いやすいソフトです。

 

 

 

 

 

こうしたツールの使い方などは

僕が今やっている副業で活かされています。

 

ネットを用いた副業で

僕は自分が理想とする

安心できる生き方を実現しました。

 

その詳しい方法をこちらで解説します。

 

http://ryotamailmag.com/d/lpf/629df3hp7Wf98.php

 

 

 

ランキング参加しています